ヒメシジミ・ミヤマシジミなど

長野県池田町
2011.6.19

ご無沙汰しております。一学期期末テストが終わったので6月19日分から更新していきます。

池田町でヒメシジミが生息している唯一の場所です。
2011070201.jpg

雨上がりで、雲が多少残っています。梅雨に多いベニシジミ。この後晴れていきます。
2011070202.jpg

D90でも一応撮影しました。
2011070203.jpg

またヒメシジミです。雄も新鮮な個体が多くいました。
2011070204.jpg

ウスバシロチョウはピークがないままシーズン終了へ。
2011070205.jpg


場所を移動してミヤマシジミのポイントへ。
2011070206.jpg

アサマイチモンジはシーズン真っ盛りです。
2011070207.jpg

敏感で撮影できないウラギンヒョウモン
2011070208.jpg

コムラサキが産卵していて、その後に中洲へ移動したので追いかけることに。
暑すぎてさすがのミヤマシジミも吸水していました。
2011070209.jpg

結局途中で断念。戻れなくなったので靴を脱いで素足で岸へ。オオスズメバチに追われました・・・。
ミヤマシジミは3週間遅れ。ようやく交尾が見られました。
2011070210.jpg

コムラサキは証拠のみ、第二化を待つしか無い状況に。
2011070211.jpg

春型のアゲハがサンショウに来ていました。
2011070212.jpg

モンシロチョウも一番多いシーズンのようで、交尾を2回見ました。
2011070213.jpg

その後に某スーパーで飲料を購入。今年初のホシミスジも見れて一石二鳥です。
2011070214.jpg

山ではこんな物を見ました。普通種のようですが全くわかりません・・・。
2011070215.jpg

給水中のヒメキマダラセセリが出てきて葉に止まりました。
2011070216.jpg

コトラガが産卵中。卵は中に産み付けられていて確認できませんでした。
2011070217.jpg
00 : 04 : 00 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ミズイロオナガシジミ

長野県池田町
2011.6.25,26

ゼフ一号はミズイロオナガシジミでした。

モンシロチョウがラベンダーで吸蜜していました。初夏の風物詩です。
2011070218.jpg

ダイミョウセセリがまだまだあちこちにいます。
2011070219.jpg

ルリシジミの産卵が見られました。
2011070220.jpg

そこに2頭舞い降りてきたミズイロオナガシジミ
2011070221.jpg

アゲハモドキがひっそりと止まっていました。
2011070222.jpg


翌朝も次々にミズイロオナガシジミが降りてきました。
2011070223.jpg

スジボソヤマキチョウが吸水中。集団吸水は見られませんでした。
2011070224.jpg

クジャクチョウも出てきました。
2011070225.jpg

下から。見方によっては、道に止まっているように思えます。
2011070226.jpg

一番多かったテングチョウですが、近づけるかと言うと違う話。已むを得ず望遠を使用しました。
2011070227.jpg

庭にゴマダラチョウがいました。
2011070228.jpg
00 : 17 : 49 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

家の近くの水路

長野県池田町
2011.6.26-29

ぼくの家から1分程度でこの水路に到着します。
昨年までは写るほどもいなかったですが、今年は何故か多いです。

2011070229.jpg

2011070230.jpg

2011070231.jpg

2011070232.jpg
00 : 21 : 12 | ホタル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

アイノミドリシジミの交尾など

長野県池田町、松本市
2011.7.2

ゼフ二号はオオミドリシジミでした。
ゼフ三号はアイノミドリシジミでした。
ゼフ四号はウラミスジシジミでした。
ゼフ五号はウラナミアカシジミでした。

コヒョウモンモドキのポイントヘ。四阿にはヒオドシチョウがいました。
2011070301.jpg

コヒョウモンモドキは昨年より多くいます。
2011070302.jpg

毎年現れる乱獲者が出ないことを祈ります。
2011070303.jpg

道を挟んで向こうはゼフポイント。オオミドリシジミがテリをはっていました。
2011070304.jpg

望遠を装着しているのに近くに止まる、というありがちな展開。
2011070305.jpg

9時15分、アイノミドリシジミが雌雄2頭で飛びながら木の上へ。
2011070306.jpg

9時17分交尾成立、10時53分解散(あまり見られないらしいので一応記録)。
2011070307.jpg

別角度から。脚が12本に見えます。
2011070308.jpg

雌だけが残りました。裏の美しさには雌が勝ります。
2011070309.jpg

最後にもう一度コヒョウモンモドキを撮影してちょっとだけ南下。
2011070310.jpg

テングチョウがいます。ピンぼけで済みません。
2011070311.jpg

池田のキマダラモドキポイント。まだいませんでした。
ウラミスジシジミが一瞬降りてきました。
2011070312.jpg


松本のポイントヘ移動います。
いるのはオオミドリくらいかと見くびっていましたが、「ウラゴマダラシジミ」、「ムモンアカシジミ」、「ウラキンシジミ」、「アカシジミ」、「ウラナミアカシジミ」、「ミズイロオナガシジミ」、「オナガシジミ」、「ウラミスジシジミ」、「オオミドリシジミ」、「メスアカミドリシジミ」、「ミドリシジミ」と大体のゼフを網羅しているようです。今年は「ウラジロミドリシジミ」まで発見されたとか・・・。

オオムラサキがほんとうに多い。
2011070313.jpg

葉が邪魔で残念です。
2011070314.jpg

スジグロシロチョウが吸蜜中。
2011070315.jpg

メスグロヒョウモン。左雌、右雄。
2011070316.jpg

ミヤマカラスシジミはゼフと紛らわしいです。
2011070317.jpg

ヒオドシチョウは例年になく多いです。
2011070318.jpg

ウラナミアカシジミが一頭。ウラキンシジミは見れずじまい。
2011070319.jpg

夜に行われている花見地区のホタル祭りに参加してきました。中央は部活の先輩です。
2011070320.jpg
00 : 49 : 54 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

過ごしやすい一日

長野県安曇野市,生坂村,松本市
2011.7.3

ゼフ六号はアカシジミでした。
ゼフ七号はメスアカミドリシジミでした。
ゼフ八号はオナガシジミでした。
ゼフ九号はウラゴマダラシジミでした。


安曇野市で、まだミヤマカラスアゲハが飛んでいました。
2011070321.jpg

葉で休むオオベニヘリコケガ。これも初夏の風物詩ですね。
2011070322.jpg

こんなところに何故かウラナミシジミが。例年なら8月終わり以降に見るはずです。
2011070323.jpg

生坂のキマダラモドキポイントもまだでした。しかしようやくアカシジミを確認。
2011070324.jpg

松本へ移動。翅が欠けたウラナミアカシジミです。
2011070325.jpg

途中でちょっと休憩。風通しが良く涼しくて癒されます。
2011070326.jpg

ミヤマカラスシジミの交尾が再び見られました。
2011070327.jpg

メスアカミドリシジミは遠すぎる・・・。
2011070328.jpg

ウラナミアカシジミを近くで撮影できました。
2011070329.jpg

欲張ってマクロレンズでも。
2011070330.jpg

ミヤマカラスシジミの単独個体もおさえておきます。
2011070331.jpg

昨日父がムラサキシジミの産卵を見たらしいので行ってみたらそれらしきものがありました。
2011070332.jpg

アゲハは夏型に衣替え。
2011070333.jpg

オオムラサキは妙に多い。
2011070334.jpg

今年初のウラゴマダラシジミ。もうさすがに擦れています。
2011070335.jpg

ストロボをたくとたまに反応します。
2011070336.jpg

床に就くアゲハ
2011070337.jpg

最後の最後になんとオナガシジミを確認。2年ぶりの再会ですね。
01 : 05 : 20 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

いよいよ夏本番

長野県池田町
2011.7.6


安曇野市明科で花火をやっており、池田町南部に住んでいる僕の家辺りからも綺麗に見えました。
そこへ前紹介した水路から100m程の距離を飛んできたと思われる蛍が写り、夏らしい写真になりました。
合成ではありません。ちなみに花火の形がイマイチです。
2011070701.jpg
08 : 18 : 34 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

オオミドリシジミ最盛期

長野県池田町,松本市波田,松本市安曇
2011.7.9

オオミドリシジミが多く、そこら中で飛び交うという光景を見ることが出来ました。

以下6点全てオオミドリシジミです。
擦れている個体が多く見受けられました。
2011071001.jpg

綺麗な個体は2割程度です。
2011071002.jpg

このような損傷の大きい個体もテリトリー争いに夢中でした。
2011071003.jpg

構図は良かったものの、擦れが気になりますね。
2011071004.jpg

突然上に行く個体が増えてきました。
2011071005.jpg

最後に割ときれいな個体に会えたので、移動開始。
2011071006.jpg

・・・自販機の前にエルタテハがいたのでそれを撮影しつつ移動。
2011071007.jpg


松本のポイントは崩落が多く、行けるのは少しだけ。コチャバネセセリのちょっとした集団吸水。
2011071008.jpg

地面視点からコムラサキ。まともな写真は今年初めてです、
2011071009.jpg

開翅のタイミングを狙ったら申し訳ないくらい鮮やかな紫色が出ました。
2011071010.jpg

飛翔も撮ってみました。
2011071012.jpg
2011071013.jpg

池田では夏型が出ていたシータテハですが、こちらはまだ秋型。
2011071011.jpg


最後にオオイチモンジを探して某最近崩れた場所へ。初めてキベリタテハを見ましたが、写真はこれ。
オオイチモンジは他の蝶と同じく発生が遅れているようです。
2011071014.jpg
02 : 11 : 38 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

午前だけの撮影

長野県池田町,生坂村
2011.7.10

午後は天気がイマイチ。よって午前だけの撮影です。


とりあえず朝早くからアイノミドリシジミを狙ってみる。
結局気温が急上昇してしまい、下で開翅したのはたったの一回。
2011071015.jpg

降りてきてもこのようなことが殆ど。
2011071016.jpg

オオミドリシジミのポイントでは沢山の方々にお会いした。端から見ればバードウォッチングと思うだろう。
2011071017.jpg

生坂のキマダラモドキポイントヘ。ツマグロヒョウモンがいるくらいで、とにかく暑い。
2011071018.jpg

ヘリグロチャバネセセリorスジグロチャバネセセリ
2011071019.jpg

帰りがけに池田で去年発見したキマダラモドキポイントへ寄ってみた。
なんと翅の損傷がないきれいな個体に会うことができた。
2011071020.jpg
21 : 55 : 09 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑

ゴイシシジミ

長野県大町市
2011.7.16


部活で大町市の山奥へ行くことになり、何かいないかと参加した。すると...

ゴイシシジミが群がっている場所を発見。
群がっているのはこの一箇所だけで、その上途中もたまに見る程度だったので状況が把握できず。
2011072301.jpg

何かを吸っている。それにしても夥しい数だった・・・。
2011072302.jpg
01 : 32 : 56 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ウラジロミドリは来年へ...

長野県某カシワ林&池田町
2011.7.18

17日は休憩して、18日にウラジロを狙った。

現地へ向かう途中、綺麗な朝焼けが見られた。
2011072303.jpg

ウラジロミドリシジミは気温が夜からずっと高めだった上に日が差したのが災いしてこれだけ。以来降りてきてもすぐ飛んでいくようなパターンばかり。
2011072304.jpg

クロシジミは擦れていた。別の蝶を撮ろうとすると日が陰ってしまう。
2011072305.jpg

午後は部活仲間と共にオオムラサキを見に行った。今年はわりと個体数が多い。
2011072306.jpg

偶然撮影できた一枚。少々補正済み。
2011072307.jpg
01 : 42 : 58 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

お知らせ

次の写真掲載は7月29日の予定です。

管理人の都合により、少々間があきますがご了承下さいませ。
00 : 06 : 20 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

オオイチモンジ・ベニヒカゲ

長野県松本市安曇・塩尻市
2011.7.23

オオイチモンジにリベンジしてみた。
家を出る時間は7時とあまり早くないが、雨の予報はないので大きな期待が持てる。

そんなこんなで上高地に到着。早速いたと思ったらフタスジチョウだった。たしかに小さすぎる・・・。
2011073101.jpg

地面で何かが動いているので近寄ってみると、ヒメキマダラヒカゲの羽化直後個体だった。
まだ飛べないでいるので羽化から1時間くらいだろう。
2011073102.jpg

そしてオオイチモンジがいる場所にようやく到着。2個体いるようだ。
2011073103.jpg

開翅は一回だけであった。もう少し早く来ないと駄目なのかもしれない。
2011073105.jpg

昼頃から姿を消してしまった。
2011073106.jpg

コムラサキの集団吸水も見られた。
2011073104.jpg

そしてアサギマダラが吸蜜していた。
2011073107.jpg

ヒメシジミアサマシジミ(ヤリガタケシジミ)がオオイチモンジの止まる場所の下で盛んに活動していた。※kmkurobeさんにその可能性が高いとご指摘をいただきました。ありがとうございます。
2011073108.jpg


そして下山後にヒメヒカゲポイントヘ。
今年は全体的に発生が遅いのでこの蝶も例外でないと見ていた。
しかし、意外とあまり遅れておらず新鮮な個体を見ることができた。
2011073109.jpg

同じ個体。
2011073110.jpg

斑紋が小さい個体。
2011073111.jpg

白い筋が目立つ個体。
2011073112.jpg

広角でも。
2011073113.jpg
09 : 48 : 18 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑

キマダラセセリ

長野県池田町
2011.7.24

キマダラセセリポイントへ自転車で行ってみた。坂がきつすぎる・・・。

キマダラセセリも発生が微妙に遅いようで、行った直後に綺麗な個体と出会えた。
2011073114.jpg

表。
2011073115.jpg

夏型のサカハチチョウ
2011073116.jpg
09 : 53 : 33 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

写真展のお知らせ

恒例となりました「安曇野池田町、蝶の写真展」を今年も開催致します。

場所:長野県北安曇郡池田町東山包美術館(クラフトパーク南東)
期間:7/29(金)~8/24(水) 
定休日:毎木曜日、8月15日
開館時間:AM11:00~PM18:00
入場料:高校生以下300円(お帰りの際にソフトクリームが貰えます)
     大人500円(お帰りの際にお好きなドリンクをお飲みいただけます)
その他:8/7(日)と8/14(日)には説明会を開催致します。是非お出かけ下さい。

↓会場準備中
2011073117.jpg
09 : 56 : 17 | その他 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

【プロフィール】

syakuga

Author:syakuga
安曇野,池田町より蝶の便りを発信します。

【最近の記事】

【最近のコメント】

【月別アーカイブ】

【カテゴリ】

【FC2カウンター】

【国盗りカウンター】

Photoscope∀

different version

【ブログ内検索】

【みなさんのサイト】

このブログをリンクに追加する