スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

夜のサンショウ

長野県池田町
2011.8.26

夜のサンショウは小中型の蝶にとっていい塒になるようだ。
ヤマトシジミ、モンシロチョウ、イチモンジセセリはここで寝ていることが多い。

今の時期、アゲハの若齢幼虫が多い。
2011082801.jpg

モンシロチョウは夜に撮ると高級感溢れる蝶となる...気がする(笑)
2011082802.jpg

角度が悪いが、イチモンジセセリ。葉のサイズと蝶のサイズがほぼ一致している。
2011082803.jpg
スポンサーサイト
01 : 17 : 07 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

町内街灯巡回

長野県池田町
2011.8.26

部活の友人2人と東山の麓を中心に旬の蛾を探した。

今年は庭に飛来しなかったアゲハモドキが集合箇所の某スーパーにいた。
2011082804.jpg

そして街灯巡回。ヤママユは翅が数えきれないほどに増えていた。
2011082805.jpg

シーズン終わりを迎えたエゾシモフリスズメ。この類独特の鋭い爪が失くなりつつあった。
2011082805,5

樹液巡回。期待薄であったがキシタバが2頭も飛来していた。
2011082806.jpg

その木の葉にカクモンキシタバが止まっていた。
2011082807.jpg

樹液に飛来するスズメガを見てみたかったので感激...クルマスズメ
2011082808.jpg

フクラスズメも来ていた。日によって賑わい方が違うなぁ...。
2011082809.jpg
01 : 26 : 51 | 蛾類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

初秋の足音...クロツバメシジミ

長野県池田町
2011.8.27

いよいよ秋が近づいてきた。
クロツバメシジミが出始め、山でも初夏に発生した蝶の第二化が出てくる筈だ。

ミヤマシジミがいた。
2011082810.jpg

同じく開翅。
2011082811.jpg

赤色のバッタ...個体変異なのでしょうか?
2011082812.jpg

クロツバメシジミがなんと目の前で交尾。
2011082813.jpg

周りの迷惑になっていたので単独ではこれしか撮影できず。
2011082814.jpg

里山の笹林ではクロヒカゲが多くなってきた。
2011082815.jpg
01 : 38 : 26 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第5回いけだまちてるてる坊主アート展

長野県池田町
2011.8.27,28

「第5回いけだまちてるてる坊主アート展」へ客として参加した。
かき氷、勝家おやき店のおやき、クレープなど屋台を楽しみつつてるてる坊主も楽しんだ...(笑)

天使の階段、有明、会場全体図...全部てるてる坊主に見える。力作も多い。
2011090501.jpg

てるてるキングが受賞式に参上!
2011090502.jpg

ツマグロヒョウモンもいたが、風が強いのもあり撮れたのは証拠程度の写真だ。
2011090503.jpg

虹は意外と近くにあるもの。
2011090504.jpg
01 : 48 : 29 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

蛾近状報告

町内街灯巡回を覗いた近状報告。

早朝のマメドクガ(家の近くの街灯にて)。
2011090505.jpg

オオマエベニトガリバが庭に初飛来。
2011090506.jpg

ゴマダラベニコケガの異常型?
2011090507.jpg

マエアカスカシノメイガ(松本市の某飲食店にて)。
2011090508.jpg
01 : 57 : 07 | 蛾類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

しとしと降る雨

長野県池田町
2011.9.4

アゲハの幼虫を撮影した。被写体とゆっくり過ごすのも楽しいことである。

若齢幼虫と終令幼虫が混ざっている状態が今のシーズンのようだ。
2011090510.jpg

終令幼虫は可愛げがある。
2011090511.jpg

手前の某が邪魔だが...庭の東側のサンショウは暗いところに生えているためにあまり付いていない。
2011090512.jpg


そしておまけ。
友人の祖父さんが「見かけない蝶だ」と持ってきてくださったものがキベリタテハだった。
いや...中々蝶にお詳しいもので。そしてなんと近所の樹液にいたとのこと。
仮に稀なケース「低山地に降りてくる」であるとしても時期が早すぎるので不思議である。
2011090509.jpg
02 : 06 : 52 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

赤い夕焼けの魔力

長野県池田町
2011.9.8


この二日間は快晴だった。朝は忙しく写真が撮れないが、夕方にゆっくりと撮ることができる。
レンズに不具合が生じ修理に出していたRICOH R10が返ってきたので試し撮りも兼ねて夕焼けを撮影。
この時期の雲には人を引きつけるものがある気がする。
2011090801.jpg
20 : 30 : 48 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

クロメンガタスズメ

長野県池田町
2011.9.8

深夜、試験勉強中に父から声を掛けられた。行ってみると、飼育していたクロメンガタスズメが羽化していた。
会染地区の同級生A君に二頭貰った内の一頭。2008年にも貰っている。
8月15日頃に蛹になったので、二十日程度で羽化したということになる。

飼育ケースに止まったところ。とても迫力があり、鱗粉のサイズも大きめのようで写真に細かく写る。
2011090802.jpg

手乗り。乗せる途中の過程で落ちた蝉のように鳴いた。
2011090803.jpg

おまけで、クスサン。例年より早く出てきた上に雌だが、何故だろうか?
2011090804.jpg
20 : 38 : 04 | 蛾類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

河川敷の蝶

長野県池田町
2011.9.11

今月初めに膝へ打撲を追い、試験も迫っていたために撮影を控えていた。
まだ試験は終わっていない11日、足も良くなってきたので河川敷の蝶を観察しに行った。
この日は記念すべき本ブログ5年目でもあった。

この場所にはクズが一面に生い茂っている所がありウラナミシジミが多い。
これを撮り写真の質が以前より明らかに落ちたとも思う。
2011091701.jpg

イチモンジセセリの交尾。足が曲げられないので、この角度からしか撮影ができない。
2011091702.jpg

今回の目的でもあったクロツバメシジミ。背景に緑色を入れるのは中々難しい。
2011091703.jpg
00 : 47 : 33 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

初秋の蛾

長野県池田町
2011.9.15,16

テスト真っ最中の2日間、蛾の観察も疎かにはしない。

この幼虫はどこかで見覚えがあるが種名を忘れてしまった。
Aclerisさんにトサカフトメイガとご教授頂きました。ありがとうございます。
2011091704.jpg

今年はクスサンの出現が早いような気がする。ちなみに18日0時30分現在、庭には3頭いる。
2011091705.jpg

そして前に一瞬その姿を見たコヒサゴキンウワバ。今回は手乗りもしてくれた。
2011091706.jpg
00 : 55 : 04 | 蛾類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

曇天の秋空

長野県大町市
2011.9.17

昨年の9月第三土曜日は個人的に色々とあり楽しんだのだが...
今年の場合は、まず前日に自転車からLEDライトを落とし基盤の部品が欠け拾うのに1時頃まで掛かったこともあり寝坊。部活動へ参加できずそのついでに行くつもりだった妹の運動会も行けずと踏んだりけったりであった。
天候が悪化する中、せめてアサギマダラを見に行こうとポイントヘ向かった。
テストも終わり足も八割方治ったので撮影を阻むものは無かった。

翅の開閉を繰り返す。全開にすることはあまりない。
2011091707.jpg

縦位置でも撮影してみた。
2011091708.jpg

若干ピントのあっているマクロでの飛翔写真を発見。
2011091709.jpg

構図がいいものもあったが手前に草が入ってしまっていた。
2011091710.jpg

以下魚眼レンズでの飛翔。曇天ならむしろ映えるのかもしれない。
2011091711.jpg

2011091712.jpg

2011091713.jpg

ヒトリガがいた。この類は独特な模様のものが多い。
2011091714.jpg

虹がとても綺麗に見えていた。アーチ状になっているがタイミングが悪く終わりかけていた。
2011091715.jpg
01 : 09 : 15 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

アサギな日

長野県大町市
2011.9.18

前日は曇天で青空バックの飛翔写真が撮影出来なかったので再挑戦。
同じ場所に行ってみたものの数えるほどしかいなかったので、少し南のフジバカマ畑で撮影。
前日と同じ場所ではウラギンヒョウモンくらいしか撮影出来なかった。南下しているのかな...。
2011091901.jpg

そして畑へ。アカタテハが吸蜜している。
2011091902.jpg

さて、本題アサギマダラ
静止画にはあまり力を入れ無かったのでイマイチな写真しかない。
2011091903.jpg

角度が悪かったと反省するが、背景を意識したものはこれ。
2011091904.jpg

90mmマクロで撮影してトリミング。秋の雰囲気は出ただろうか...。
2011091905.jpg

本種は鱗粉が退化している故かシミが付きやすい。
2011091906.jpg


↓続きを読むで飛翔写真とクロツバメシジミを掲載しています。↓
続きを読む
00 : 41 : 22 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

台風の前の静けさ

長野県池田町
2011.9.19

台風が近づき連なるように長野県をおおった秋雨前線の影響で今にも降りそうな天気に。
諸事情により撮影に出向けたのは16時頃で、風も強まり条件も最悪だった。

庭でキイロスズメバチが吸蜜中!?と思ったらコスモスにいたイチモンジセセリを襲った。
地面で持ちやすいように工夫をしている。カメラを持ち合わせていなかったので急いで取りに行き戻ってきたら飛び始めたところだった。この季節にはよくある話だと思う。
2011091924.jpg

この季節のポイントヘ行くと、ヒメクロホウジャクが飛んできた。
2011091925.jpg

ヤマトシジミにはこのくらいの天気が似合うと思う。
ありふれた本種の写真で一番良いものになったと自負している(笑)
2011091926.jpg
00 : 48 : 39 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

大雨の中

長野県池田町
2011.9.21,22

台風の影響で大雨が降る中、前夜に飛来していたクスサンが雨宿りをしていた。

翅が萎れてしまっている。
2011092401.jpg

手前はオビガ
2011092402.jpg

この季節のアマガエルはトビケラが大好物。種類などお構いなしに何でも食べる。
2011092404.jpg
00 : 53 : 09 | 蛾類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

台風の日の夕方

長野県池田町
2011.9.21


台風の来た日、一瞬夕方の空が綺麗に染まりました。
2011092403.jpg
01 : 00 : 02 | 風景 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

蛾の観察

長野県池田町
2011.9.22

一段と肌寒くなったので友人と町の電気・樹液を巡回しました。

翅を開いたヒトリガはとても鮮やかだ。
2011092405.jpg

クスサンは一頭のみ。
2011092406.jpg

樹液を見たところ、ヨツモンカメムシがいた(spaticaさんにご教授頂きました、ありがとうございます)。
2011092407.jpg

ひっそりと道の隅で休むクスサン
2011092408.jpg

クロミスジシロエダシャクがくっついていた。自販機で撮れるとは...(笑)
2011092409.jpg

コンビニが意外な穴場である。クスサンが4頭いた(写真には3頭のみ)。
2011092410.jpg
01 : 13 : 57 | 蛾類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

池田町八幡神社例大祭

長野県池田町
2011.9.23

風景の写真は人をブラして撮らないといけないので大変...一応撮れてますが掲載は見送り。

お賽銭箱の上にクスサンがいました。
2011092411.jpg

ナメクジを発見。
2011092412.jpg
01 : 20 : 01 | 蛾類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

秋の蝶たち

長野県池田町
2011.9.24

自転車で近所を散策。すっかり秋らしい陽気となった。

ところで2頭目のクロメンガタスズメが羽化した。
台風の日に出たので放すまで時間がかかった。
2011092413.jpg

ジャノメチョウは前ボケで引き立たせるといいと思う。
2011092414.jpg

ウラナミシジミの雌は表の翅が南国の蝶を想像させる。
空の青と彩度が違うので上手く映える。
2011092415.jpg

ミドリヒョウモンがいたが、写真は出来の悪いものとなった。
2011092416.jpg

枯れかけの花にツマグロヒョウモンが集まっていた。
2011092417.jpg

単独でも一枚。
2011092418.jpg

ヒメクロホウジャクは2頭に増えていた。ホウジャク類は今からが楽しみだ。
2011092419.jpg

河原へ移動すると、ヒロヘリアオイラガの幼虫が3匹くっついていた。
置くのを撮ろうとした時、すぐ手前にもいて危うく触れるところであった。危ない危ない...
2011092420.jpg

夕日とミヤマシジミも中々いい雰囲気になる。
2011092421.jpg

アキアカネが止まっていた。ちなみにナツアカネとの区別方法を最近になってやっと知った。
2011092422.jpg

ミヤマアカネはこのような環境が好みらしい。
2011092423.jpg



さて、夜は松本の実家へ戻り外食に出向いた。
全員が車から降りるまでの間、車を止めたすぐ横の街灯で蛾を探しているとウラギンシジミを2頭も発見。
山を練り歩いてもいなかったようなものがこんなところにいるとは...。
2011092424.jpg
01 : 35 : 31 | 蝶類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

【プロフィール】

syakuga

Author:syakuga
安曇野,池田町より蝶の便りを発信します。

【最近の記事】

【最近のコメント】

【月別アーカイブ】

【カテゴリ】

【FC2カウンター】

【国盗りカウンター】

Photoscope∀

different version

【ブログ内検索】

【みなさんのサイト】

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。